パニック障害の方におすすめの在宅ワーク3選【外で働けないなら自宅で稼ぐ】

WORK

 

パニック障害で外で働けないけど、お金を稼ぎたい。

自宅にいながら稼げるおすすめの在宅ワークを教えて。

今回は上記の要望にお応えしていきます。

本記事を読むとわかること

☑パニック障害の方におすすめの在宅ワーク3選

 

【この記事を書いているパピルスの経歴】

ブログ歴:1年

運営しているブログの総月間PV数:30000

運営しているブログの総月間収益:5ケタ

(2020年5月時点)

 

私自身パニック障害に7年ほど苦しんでおり、外に出ると体調不良になることが多いため、現在は在宅ワークでお金を稼いでいます。

パニック障害で外で働くのが難しいことを悟ったときは絶望でしたが、家でできる仕事も世の中には溢れていることに気付き、そこからは気が楽になりました(‘ω’)ノ

仕事は家でも全然できる時代。

絶望しなくても大丈夫。

本記事ではおすすめの在宅ワークを3つ紹介していくので、「外で稼ぐのは辛いから自宅で稼ぎたいよ!」って方はぜひご覧ください(‘ω’)ノ

スポンサーリンク

パニック障害の方におすすめの在宅ワーク3選

パニック障害の方におすすめの在宅ワークは以下の3つです。

・ブログ

・クラウドソーシングサービスで探す

・プログラミング

3つとも自宅のみで仕事が完結するので、誰かと会う必要もないです。

1つずつ解説していきますね。

ブログ

「ブログって稼げるの?」「有名人が告知したり一般人の日記的なやつでしょ?」って思った方もいるかもしれませんが、実はブログはかなりおすすめの在宅ワークです。

ブログに広告を貼ることによって収益を得ることができ、私自身ブログで月に5ケタ以上の収入を得ています。

Youtuberは動画に広告を貼ってお金を稼いでいるけど、ブロガーは動画の代わりに記事に貼っている感じ。

記事は過去に書いたものがどんどん積み重なっていくので、半年くらい続けると寝ている間に昔書いた記事から収益が発生することもしばしば。

ネットの世界に自動販売機(記事)をたくさん設置していくイメージ。

一回設置して読者が増えさえすれば、あとは勝手に物が売れていく。

トップブロガーだと月に100万~1000万稼いでいたりと収入が青天井の世界なので、普通に働くよりも夢のある仕事かなと。

ブログについては「ブログで稼ぐ仕組み」に、稼ぐためのブログの作り方は「WordPressブログの作り方」に、それぞれ詳しく書いているので興味のある方はどうぞ。

クラウドソーシングサービスで案件を探す

クラウドソーシングサービスとは、自宅で出来る仕事の案件を集めているサイトのことです。

いくつか有名どころがありますが、中でもクラウドワークスココナラがおススメ。

クラウドワークス‥‥データ入力/ライティング/ロゴ作成/アプリ開発などの仕事が見つかる。

ココナラ‥‥イラスト/動画編集/作曲/翻訳などの仕事が見つかる。

2つとも利用者数がとても多いサイトで、どちらかというとクラウドワークスがパソコン作業系、ココナラは芸術系に分けられる感じですね。

在宅ワークは難しそうなイメージかもだけど、意外と簡単で始めやすい仕事も多い。

主婦や学生などはこういったサービスを利用して仕事を獲得し、月に10万円以上稼いでいる方もザラにいます。

継続して少しずつスキルを磨いていけば、さらに稼げるようになるでしょう。

とりあえず無料登録して出来そうな案件を探してみると良いと思います。

 

\クラウドワークス公式サイトはコチラ/

クラウドワークス

 

\ココナラ公式サイトはコチラ/

ココナラ

 

プログラミング

最後はプログラミングです。

プログラミングと聞くと、「難しそう‥‥。」「数学苦手だし‥‥。」といった声が帰ってきそうですが、そもそもパソコンに命令するための言語を学ぶので、文系理系は関係ないです。

文法的な側面があるので、強いて言えば英語っぽいですね。

プログラミングは3か月~半年くらい勉強すると、小さい案件なら企業からでも獲得できる。

たしかにプログラミング言語を習得するのは大変ですが、頑張ってスキルを身に付ければ月収20万以上を確保できるので、メリットはかなり大きいでしょう。

パソコンさえあればどこでも仕事ができるから、極端なことを言うと世界中旅しながらでもお金を稼げる。

人生の自由度が上がるね。

TechAcademyの無料体験なら、自宅にいながら1週間プログラミングを学べることに加え、プログラマーの方に色々質問したりすることが可能。

気になった方はとりあえずまず1週間やってみて、プログラミングがどんなものなのか確認しつつ自分の肌に合うかどうか考えてみると良いと思います。

 

\一週間無料体験/

TechAcademy

 

スポンサーリンク

パニック障害になっても仕事はいくらでもある

本記事では、パニック障害の方におすすめの在宅ワークを3つ紹介してきました。

・ブログ⇒(ブログで稼ぐ仕組み」、「WordPressブログの作り方

・クラウドソーシングサービスで探す⇒(クラウドワークスココナラ

・プログラミング⇒(TechAcademy

パニック障害になると外で働くのがきついので、人生お先真っ暗に思う気持ちもわかりますが、ネットが使えさえすれば出来る仕事が沢山あります。

しかも、モノによっては大企業に勤めるよりも多く稼げることも。

病気になってしまったものは仕方ないし、治るのが一番だけど、すぐに治せなくても意外とどうにでもなる。

私の月収はまだ5ケタですが、それでも無収入で人生に絶望していた時期と比べたらよっぽど元気ですw( ̄▽ ̄)

ちょっとでも稼げるようになると気分もだいぶ変わるので、ぜひとも興味を持ったものに挑戦したらいいと思います。

というわけで、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

タイトルとURLをコピーしました