メタマスクとは?作成方法も解説

仮想通貨/暗号資産

 

メタマスクって何? 作成方法も教えて。

今回は上記の疑問に答えていきます。

☑本記事の内容

・メタマスクについての解説

・メタマスクの作成方法を解説

結論は以下の通りです。

メタマスク=イーサ(ETH)やイーサリアムトークンを出し入れするお財布

本記事を読むことでメタマスクについて把握し、さらにメタマスクの作成方法がわかるので、興味のある方はご覧ください。

スポンサーリンク

メタマスクとはイーサ(ETH)を入れるお財布のこと

冒頭でも書いたように、メタマスクはイーサ(ETH)やイーサリアムトークンを出し入れできる財布(ウォレット)です。

そもそもウォレットとは

ウォレットとは、暗号資産を出し入れする財布のこと。

取引所に暗号資産を置きっぱなしにしていると、ハッキングがあった時に強奪されてしまう危険性があるので、基本的に暗号資産はウォレットに入れておくことがベターとなっています。  

様々なウォレットがありますが、、仮想通貨によって使うものが異なり、メタマスクはイーサリアム専用です。

ビットコインなどの暗号資産をメタマスクに入れることは出来ない。

メタマスクユーザーは2000万人以上

メタマスクの利用者数は世界2000万人以上。

利用者が飛び抜けて多いウォレットなので、バグやセキュリティ上の不備があった時に早急に発見&処置がされやすく、信頼性が高いです。

NFTゲームや金融サービスと接続可能

メタマスクは暗号資産を入れておくだけでなく、NFTゲームや金融サービスなどのブロックチェーン技術を使ったサービスと接続ができます。

メタマスクとNFTゲームを接続することを【dApps】、金融サービスを接続することを【Defi】という。

 

スポンサーリンク

メタマスクの作成方法まとめ

次に、メタマスクの作成方法、使い方をまとめていきます。

メタマスクをchromeに追加する

以下のリンクからchromeウェブストア内のメタマスクのページに飛びます。

chromeウェブストア メタマスク

その後「chromeに追加」ボタンを押します。

メタマスクを開く

右上に表示された狐のマークをクリックすると、タブが開くので「GET STARTED」をクリック。

ウォレットを作成する

新たなページが開いたら、「CREATE A WALLET」をクリック。

利用規約で表示されるのでそれを読み、「I AGREE」をクリックしてウォレットを作成していきます。

パスワードを設定し完了

パスワードを設定する画面になるので、好きなパスを入力し、「作成」をクリックすれば完了です。

タイトルとURLをコピーしました