【ブログ初心者向け】キーワード選定の意味や方法を解説【アフィリエイトには必須】

BLOG

 

キーワード選定って何?

ブログ記事を書いていく上でどんな意味があるの?

方法も知りたいな。

今回は上記の疑問に答えていきます。

本記事を読むとわかること

☑キーワード選定の意味&効果

☑キーワード選定の方法

 

【この記事を書いている筆者の経歴】

ブログ歴:1年

運営しているブログの総月間PV数:25000

運営しているブログの総月間収益:5ケタ

(2020年3月時点)

 

ブログのアクセスを増やすためには必須の技術である「キーワード選定」

しっかりキーワード選定が出来ていればブログがよく読まれるようになる一方で、出来ていないとどんなに記事の内容が良くても読者に読んでもらいにくくなります。

特にアフィリエイトブログで稼ぎたいなら絶対に理解しておくべき!

本記事ではブログ初心者の方へ向けて、キーワード選定の意味や方法を具体例を交えつつ解説していきます。

読み終わったころには理解が深まり、ちゃんとキーワード選定ができるようになりますよ。

スポンサーリンク

キーワード選定とは?

キーワード選定とは、キーワードを選びブログ記事を検索で上位表示させアクセスを増やすための方法のことを言います。

キーワード選定をせずに記事を書くと、

☑内容が良いのに検索で上位表示されない

☑上位表示されてもそのキーワードで調べる人が少なく、結果的にアクセスが集まらない

といったことに陥りがち。

そうならないため、以下の3つの手順を踏んでいくことがブログ記事を書く基本となるよ。

①キーワード選定をする

②そのキーワードで検索する人がどんな悩みや疑問を持っているか想像する

③その悩みや疑問に答える記事を書いていく

例えば、「パソコン 軽い おすすめ」というキーワードを選んだとしましょう。

このキーワードで検索する人は「おすすめの軽いパソコンはどれ?」という疑問を持っているので、軽くて良質なパソコンをいくつかブログで紹介してあげればOKです。

こういった風に3つの手順をしっかりと理解しキーワードを検索した読者の期待に応える記事を書いていくことで、Googleに評価され検索上位に表示されるようになるわけです。

アクセスが増える⇒収益が増える!

つまりキーワード選定はブログ記事を書く上での最初の手順と言えます。

スポンサーリンク

☑キーワード選定の方法

キーワード選定の意味は分かったと思うので、次はキーワード選定の方法について解説していきます。

キーワード選定は以下の3ステップで進めていくのがおすすめです。

関連キーワード取得ツールでサジェストキーワードと関連キーワードを取得する

Ubersuggestで検索ボリュームを把握する

③ライバルになりそうな記事をチェックする

1つずつ解説していきます。

関連キーワード取得ツールでサジェストキーワードと関連キーワードを取得する

まず、関連キーワード取得ツールを使ってブログ記事で扱えそうなキーワードを調べていきます。

今回は家事に関するサイトを運営している場合を仮定して実際にキーワード選定をしていくよ。

関連キーワード取得ツールに行き、「家事」という検索キーワードで情報を取得すると、上の画面になります。

赤枠で囲った【Googleサジェスト】には、よく検索されているキーワードが表示されるので、基本的にここのワードで上位表示させることができれば相当数のアクセスが見込める。

ただ、人気のあるキーワードは大企業や強豪のブロガーが狙って記事を書いてくるので、需要のあるジャンルだとまず初心者の方は太刀打ちできないと思います。

なので、Googleサジェスト以外のキーワードから自分が書けそうなものをリストアップしていくことがおすすめです。

例として私は以下の3つを選択しました。

・家事 イライラ

・家事 分担

・家事 アプリ

次にキーワードの検索ボリュームを調べていきます。

Ubersuggestで検索ボリュームを把握する

検索ボリューム:月にそのキーワードが何回検索されているかを表す数値のこと。

検索ボリュームはUbersuggestという無料で使えるツールを使うと簡単に調べることができます。

使い方は簡単で、検索ボリュームを知りたいキーワードを検索窓に入力して【検索】ボタンを押すだけ。

例えば

・ワンピース‥‥122万

・テニス‥‥36万

・スターバックス‥‥45万

といった感じで、それぞれ月に何回検索されているかが一目瞭然に。

このUbersuggestを使って先ほど選んだ以下の3つのキーワードの検索ボリュームを調べた結果が以下の通りです。

・家事 イライラ‥‥90

・家事 分担‥‥1600

・家事 アプリ‥‥590

「家事 イライラ」は月に90回、「家事 分担」は月に1600回、「家事 アプリ」は月に590回検索されていました。

初心者の方の場合、狙うべきキーワードの検索ボリュームは【100~1000】と言われていて、それ以下だと需要がなく、それ以上だと中々強豪サイトに勝てないです。

この法則の通りに記事を書いていくとすれば、検索ボリュームが590の「家事 アプリ」が3つのキーワードの中では最も良さそうだね。

ここからさらにライバルになりそうな記事をチェックしていきます。

ライバルになりそうな記事をチェックする

ヤフーやGoogleの検索窓に選定中のキーワードを入力し、上位1~20位くらいの記事を読んでみて、自分のブログ記事がそれに勝てそうかどうか考えてみて下さい。

企業サイトや明らかに質の高いサイトばかりが上位表示されていたら、多分勝てないから諦めて別のキーワードを再び選定するのがベター。

ただ上位表示されているライバルが強そうでも、それ以上に自分が価値ある報を読者に届けられる自信があるなら勝負するのもありだと思います。

逆にライバル記事が弱そうならばそれはチャンスなので、記事を書けば上位表示されて読者に読まれる確率が高いです。

※1キーワードにつき1記事ずつ書いていく

キーワード選定が終わったら、先ほども書いたようにそのキーワードで検索する人がどんな悩みや疑問を持っているか想像し、その悩みや疑問に答える記事を書いていけばOKです。

注意点として、1キーワードにつき1記事ずつ書いていくことを意識してください。

例えば「大学受験 英語 勉強法」というキーワードに決めたなら、その記事には小中学生の勉強法や他科目の勉強法は一切書かず、大学受験向けの英語の勉強法のみを書いていくこと

じゃないと「大学受験 英語 勉強法」で検索した読者に対していらない情報も混じるので、記事の質が下がります。

ブログ初心者の場合、あれもこれもと色々記事に詰め込みがちだけど、ここはしっかり1キーワード1記事を守ろう。

社会や数学なども書きたいならそれぞれ「大学受験 社会 勉強法」「大学受験 数学 勉強法」といったように別記事に分けましょう。

そうすることによって読者もタイトルを見ただけでどの記事に自分の知りたい情報が載っているか見つけやすくなり、結果的に上質な記事だとGoogleに評価してもらえます。

※キーワードはタイトルに絶対入れること

ここまで来て忘れてはいけないのは「キーワードをタイトルに入れること」です。

「映画 泣ける 恋愛」というキーワードにしたなら、「泣ける恋愛映画10選」みたいな感じでタイトルを付けていく。

文中にも自然な形でキーワードを紛れ込ませると、検索で上位に上がりやすくなります。

キーワード選定はブログ記事を書く上での最初の一歩!

本記事ではキーワード選定についてまとめてきました。

まとめると、キーワード選定とはキーワードを選びブログ記事を検索で上位表示させアクセスを増やすための方法であり、キーワード選定を進めていく手順は以下の通り↓

関連キーワード取得ツールでサジェストキーワードと関連キーワードを取得する

Ubersuggestで検索ボリュームを把握する

③ライバルになりそうな記事をチェックする

キーワード選定がしっかり出来ていれば、書いた記事は上位表示されやすくなるので、必ず数字として表れてきます。

慣れないと難しく感じるかもしれないですが、ブログを色んな人に読んでもらいたいなら避けては通れない作業なので、頑張ってみて下さい(‘ω’)ノ

というわけで今回は以上となります。

ブログで稼げていない人にありがちなこと7選とその対策【収益月1万は誰でも可能】
本記事では、ブログで稼げていない人にありがちなこと7選とその対策について解説しています。
タイトルとURLをコピーしました