ブログで稼げていない人にありがちなこと7選とその対策【収益月1万は誰でも可能】

BLOG

 

ブログを始めたけど中々稼げない‥‥。

稼げない人にありがちなことがあるなら対策とセットで教えて‥‥。

今回は上記にお悩みを解決していきます。

本記事を読むとわかること
ブログで稼げない人にありがちなこと7選とその対策

 

【この記事を書いているパピルスの経歴】

ブログ歴:1年1か月

複数運営しているブログの総月間PV数:30000

ブログの総月間収益:5ケタ

(2020年5月時点)

 

「ブログを始めてみたものの中々稼げない、1万円の壁が高い」と思うブロガーさんは多いでしょう。

実際私も「ブログで月収1万円達成!かかった記事数と日数は?」の中で書いているように、月1万円稼ぐまでに1年かかりました。

長く険しい道のりだった(;’∀’)

そこで本記事では、そういった過去の経験を踏まえ、ブログで稼げない人にありがちなこと7選とその対策について書いていきます。

「ブログでとりあえずまずは月収1万までいきたい!」って方は自分が当てはまっていないかどうかチェックしつつ読み進めてみて下さい。

※そもそも稼げるブログサービスであるWordPressをまだ使っていないという方は以下の記事で作り方を解説しているので、こちらをご覧ください。

【初心者向け】WordPressブログを始める方法を解説【1時間で完成】
本記事では、クイックスタートを使ってWordPressブログを作る方法を初心者の方でもわかるように徹底解説しています。
スポンサーリンク

ブログで稼げない人にありがちなこと7選とその対策

ブログで稼げない人にありがちなことは以下の7つです。

☑報酬単価の高い案件を扱っていない

☑キーワード選定していない

☑ターゲット層を絞ってない

☑お金の発生に繋がらない記事を書いている

☑有名人の権威性を借りていない

☑紹介する商品を自分で使っていない

☑押し売りをしている

1つずつサクッと解説しつつ、対策方法も書いていきますね。

報酬単価の高い案件を扱っていない

報酬単価の安い案件ばかり扱っていると稼ぎにくいです。

例えば一件成約して100円しかもらえない案件ならば、月に100個も売らないと10000円には届かないわけで、これは中々難易度が高め。

アドセンスのみで稼ぐ!という方もいますが、月間3万PVほど集める必要があり、これも初心者からすればかなり大変。

対策:なるべく1件1000円前後の案件を扱う

1000円前後の案件なら月に10件の成約で1万円行くので、こっちのほうがよっぽど現実的かなと。

他の記事でも触れていますが、VOD系と電子書籍系は狙い目です。

必ずしも”単価が高いと難しく、単価が低いと簡単”という構図にはならないから、出来るだけ高単価の広告を貼ろう。

日頃からASPで案件を探す癖をつけておくと、自分に合った案件を見つけやすくなりますよ。

ブログを始めたら絶対に登録しておくべきアフィリエイトにおススメのASP5選【初心者向け】
本記事では、ブログ初心者の方が登録しておくべきおすすめのASPを5つ紹介しています。

キーワード選定していない

キーワード選定はブログで稼ぎたいなら必須の技術

これなくして適切に情報を読者に届けることはできない。

キーワード選定をせずに記事を書いて稼ごうとするのは、地図なしで航海に出るようなものです(;’∀’)

対策:キーワード選定をマスターする

キーワード選定ができるようになると、それだけ適切に情報を読者に届けられるようになるので、結果的に稼ぎやすくなります。

この記事も「ブログ 稼げない ありがち」というキーワードを設定して、どういった方が読みに来るかなと考えつつ書いている。

キーワード選定って何?って方や、キーワード選定のやり方を知りたい方は「キーワード選定の意味や方法を解説」にて詳しく書いているので、そちらをお読みください。

ターゲット層を絞っていない

ターゲット層を広げ過ぎて誰にでも当てはまるような記事を書くのもNG。

記事の鋭さはなくなり、たとえ多くの人に読まれたとしても購入までには至りにくいでしょう。

誰にでも当てはまる内容だと、読み手としてはどうしても当事者意識が低くなっちゃう。

対策:ターゲット層を絞る

ターゲット層を絞れば絞るほど、より読者に刺さる鋭い記事を書くことが出来ます。

例えば「40歳 結婚 無理ではない理由」みたいな記事を書くと、結婚したいけどもう40歳になっちゃって無理かな‥‥と半ば諦めている方にはグサッと刺さるはず。

ターゲット層を絞ればそれだけ悩みも明確に推測しやすいから、書くのも結構楽だったりする。

人の心により影響を与える記事を書けさえすれば、行動に移ってもらえやすくなるのは明白。

この辺のことは「人を操る禁断の文章術」に非常に詳しく書いてあります。

お金の発生に繋がらない記事を書いている

お金に繋がらない記事を書いても当たり前ですが、成果は発生しません。

私自身、ブログを始めた当初は受験生向けの記事を書いていましたが、上手いこと収益化に繋げることが出来ず、現在は放置気味。

たしかに読者の為になる記事を書くのは素晴らしいことだけど、正当な報酬をもらえなければ頑張る気力も消えがち。

対策:お金の発生に繋がるorキラーページに読者を流せる記事だけ書く

キラーページ‥‥収益が発生しやすいページのこと。

記事作成にはそれなりに時間を要するので、まずは収益化しやすいものを優先的に書いていきましょう。

無償で情報を与えていくのは、ガッツリ稼いだ後からでもいいと思いますよ。

有名人の権威性を借りていない

悲しいですが、一生懸命書いた記事でも、どこの誰だかわからない人が勧めているものを率先して買おうと思う人は少ないというのが現実。

初心者ブロガーだと特に難しい‥‥。

対策:有名人の権威性を借りる

有名人の権威性を借りると、特に物販系のブログで物が売れやすくなります。

やり方は簡単で、「有名人の〇〇が使っているアイテムです」という文を商品に添えるだけ。

実際にその有名人が商品を使っている画像も載せると、なお効果的。

これだけで毎月数件の成果が発生している記事がある。

もし紹介している商品を有名人も使っていることがわかったなら、そのことを率先して記事に盛り込んでみてください。

紹介する商品を自分で使っていない

やはり、どういったものなのかはっきりわかっていない商品を売るのはとても難易度高め。

自信をもっておすすめできないと、それが文章で読者には伝わってしまうため、結果的に成果が発生しづらくなる。

対策:紹介する商品は可能な限り使ってみる

私も商品を実際に使ってしっかり内容を把握したことにより、売り上げが使う前と比べて何倍も増えた経験が何度もあります。

「商品を買うとお金がかかるから嫌だ」と思う気持ちもわからなくはないですが、収益を増やしたいなら身銭を削ることも大切かなと。

成果が発生すれば元を取れることも多いし、良い記事を書くモチベーションにもつながる。

押し売りをしている

読者が少しでも押し売りされていると感じると、それだけで逃げちゃうのがネットの世界。

現実世界なら強引なセールストークで売りつけることは可能かもしれませんが、ネットならボタン一つで離脱されてしまうので、押し売りは厳禁です。

対策:あくまでさりげなく紹介する

基本はさりげなく、装飾もうるさくない程度が良いと思います。

そもそも良い商品をきちんとベストな読者に紹介出来ていれば、そこまで押し売りせず売れる。

「買って欲しい!」という気持ちを抑えつつ、記事の最適な部分に商品リンクを置くことを心がけましょう。

スポンサーリンク

収益月1万は誰でも可能

本記事では、ブログで稼げない人にありがちな7つのこととその対策についてまとめてきました。

再掲しますね。

☑報酬単価の高い案件を扱っていない

☑キーワード選定していない

☑ターゲット層を絞ってない

☑お金の発生に繋がらない記事を書いている

☑有名人の権威性を借りていない

☑紹介する商品を自分で使っていない

☑押し売りをしている

上記の7つに当てはまっていた項目がもしあるならば、対策を参考にしつつ新記事の作成やリライトを行ってみて。

一度コツを掴めば、あとはそれに似た記事を増やしていくことで自然と収益は上がっていくので、誰にでも月収1万円は突破可能なはずです。

頑張ってみて下さい。

というわけで、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

ブログが続かない人にありがちなこと5つとその対策【100記事は書こう】
本記事では、ブログが続かない人にありがちなこと5つとその対策をまとめています。ブログがあまりうまく行っていない人はお読みください。
タイトルとURLをコピーしました