【2020】Googleアドセンスに合格するには?審査に通らない7つの原因と対策を解説

BLOG

 

Googleアドセンスの審査に中々合格しない‥‥。

受かるコツや落ちてしまう原因について教えて欲しい‥‥。

今回は上記のお悩みを解決していきます。

本記事の内容☑Googleアドセンスの概要

 

☑アドセンスの審査に落ちてしまう7つの原因と対策

 

【この記事を書いている筆者の経歴】

ブログ歴:1年

運営しているブログの総月間PV数:25000

運営しているブログの総月間収益:5ケタ

(2020年3月時点)

 

Googleアドセンスはブログで手っ取り早く収益を上げやすい反面、審査が割と難しいという声もあり、中々合格できない場合もあるでしょう。

そこで今回は、Googleアドセンスの審査に落ちてしまう主な7つ原因とその対策について、具体例を交えつつ解説していきます。

この記事を読めばGoogleアドセンスの審査に合格して記事に広告を貼って稼げるようになりますよ(‘ω’)ノ

序盤はGoogleアドセンスや下準備(ブログサービス、テーマ)についてザックリ説明していくよ。

すでにしっかり理解しているよって方は以下のリンクをクリックして「審査に通らない原因と対策」から読み始めてくださいませ(‘ω’)ノ↓

Googleアドセンスの審査に通らない7つの原因と対策

スポンサーリンク

Googleアドセンスって?合格するためには下準備も必要

Googleアドセンスはクリック報酬型の広告で、ブログ内に貼ったアドセンス広告が1クリックされるごとに10円~30円ほどのお金がブロガーに入って来る仕組みになっています。

クリックされるだけでお金がもらえるから、ブログ初心者にとっては報酬を発生させやすく、人気の広告形態。

ジャンルによって報酬額は変わり、転職や金融系の内容の記事を書くと報酬が高くなり、エンタメ系の内容の記事を書くと報酬が低めの傾向があります。

アドセンスでガッツリ稼ぎたいなら単価の良いジャンルを狙うべし。

Googleアドセンスに始めるにはブログが必要

Googleアドセンスを始めるにはブログが必要で、おすすめのブログはWordPressです。

デザインやカスタマイズがしやすく、アドセンス収益を上げやすいという特徴があるよ。

当ブログ含め、私の運営するブログは全てワードプレスブログであり、月に合計で5000円ほどアドセンス収益を手に入れています。

ワードプレスブログを作るための手順は大まかに以下の4つです。

①レンタルサーバーを契約する

②ドメインを取得する

③レンタルサーバーとドメインを紐づける

④ワードプレスをインストールする

聞き馴染みのない言葉が並んでいて難しそうに思うかもしれないですが、実際は結構簡単に作れます。

詳しくは以下の記事でまとめているので、ワードプレスブログを作りたい方はご覧ください。

【初心者向け】WordPressブログを始める方法を解説【1時間で完成】
本記事では、クイックスタートを使ってWordPressブログを作る方法を初心者の方でもわかるように徹底解説しています。

おすすめのWordPressブログのテーマ

テーマとはWordPressブログのデザインや機能などを決めるためのもので、無料で使えるものから有料で高機能なものまで多種多様に存在します。

良いテーマを選べば記事が書きやすくなり、Googleからの評価も上がるため、自ずとアドセンスの審査にも通りやすくなります。

その一方、劣悪なテーマを使うと記事も書きにくく、読みにくいブログになってしまうので、テーマ選びは結構重要なポイントだよ。

以下の記事でテーマの説明&おすすめのテーマを4つ厳選して紹介しているので、自分に合うテーマを選んでみて下さい。

【WordPressブログ】おすすめのテーマ4選を徹底解説【無料もあり】
本記事では、ワードプレスブログにおすすめのテーマを有料、無料含め4つ紹介しています。テーマ選びはブログを運営する上で重要な要素なので、迷っている方は参考にしてみて下さい。
スポンサーリンク

Googleアドセンスの審査に通らない7つの原因と対策

ここではアドセンス審査に通らなくなる主な原因7つとその対策を書いていきます。

運営しているブログがこれから説明する7つの項目にもし当てはまるなら、対策を参考にしつつ改善を試みると審査に通りやすくなるはずです。

記事数が少ない

記事数が少ないと審査に通りにくくなります。

たまに「5記事以内で一発合格しました」という方がいるけど、それは稀なケース。

ある程度は記事数のあるブログじゃないと信頼性の面で微妙なので、どんなに一つ一つの記事の質が良くても、落とされるという事はかなりあります。

対策:少なくとも20記事~30記事は書く

少なくとも20~30記事くらいは書いてからアドセンス審査に申請するのがベターです。

「そんなに記事を書くのは大変すぎる!」と思う方がいるかもしれませんが、書きたいテーマを一つ一つ細かくして1記事ずつ書いていくと自然と記事数を増やすことができます。

例えばトマトについての記事を書きたいなら、

・トマトの栄養素

・トマト料理のおすすめのレシピ

・トマトの育て方

・トマトの歴史‥‥etc.

といった風に、1つずつ分解してそれを1記事ずつ詳しく紹介する、ということです。

マンガを紹介したいなら、強さランキングを書いたり、キャラの所属するグループごとに書いていくとか、ストーリーのここが最高だった、みたいに細かく分けていくのがおすすめ。

こうすることによって記事数が増え、読者も読みたい情報がどの記事に載っているかタイトルを見ただけで探せるので、アクセスが増えやすくもなります。

記事の情報量が少ない

記事数を増やしたいからと言って、適当に書いた文字数も情報料も少ない記事を量産するのは逆効果。

クオリティの低い記事を増やすとサイト全体の評価も下がります。

せっかくしっかり作り込んだ記事があっても、他に微妙な記事が沢山あると審査に落ちやすくなる‥‥。

日記のような記事を沢山書いてしまう人も中にはいますが、それは読者にとってなにも価値ある情報ではないので、審査に受かりたいなら辞めた方が良いでしょう。

対策:1000文字以上の読者の為になる記事を書く

文字数としてはとりあえず1記事辺り1000文字を目標にしてみて下さい。

そして、「読んでくれる人の役に立つ記事」をしっかり作っていくことを常に念頭に置きながら記事を書くことが大切です。

書きたい記事のネタが思い浮かばない場合は、自分が経験したことなどについて、これからその体験をするであろう人や現在進行形で奮闘中の人に向けて書いていくとやりやすいと思います。

趣味、おすすめの勉強法、就職して感じたこと、手術や病気の体験、生活術などなど、何かしら他者に共有できるネタがあるはず。

例えばIT業界に就職して感じたことを書けば、IT業界に興味があって実際にそこで働いている人感想を知りたい人には刺さる記事が書ける、といった感じです。

その他の方法としては、ネットや本、テレビで仕入れた情報を、自分の考えや経験に基づいて解説していくのも良いでしょう。

自分の考えが盛り込まれていることによってオリジナリティが出るので、それは立派なコンテンツとして成立する!

扱うジャンルが広すぎても1つ1つの専門性が薄まるため、3~5つくらいに絞って1つ1つのジャンルを深く掘り下げていくと、よりクオリティの高い記事を書けると思います。

アドセンス規約に違反している

アドセンスには規約があり、その規約に違反しているブログは審査に通らないです。

当然ですな‥‥。

意外と規約について知らずに記事を書いて、審査で落とされてしまう方が多いので、規約をしっかりチェックしましょう。

対策:アドセンス規約をチェックしつつ、違反しないようにする

規約に違反してしまう記事の内容はザックリ以下の通りとなっています。

・アダルト関連の記事

・暴力的な表現や読者に不快感を与える内容が書いてある記事

・著作権侵害している記事

・ギャンブル関連の記事

・たばこ、ビールなどに関する記事

・犯罪を助長するような記事

さらに詳しく規約について知りたい場合は、アドセンス公式ページにて詳しく記されているので、チェックしてみて下さい。

規約違反している記事は勿論の事、規約に触れそうなグレーゾーンの記事も安全のため書かない方が吉。

アフィリエイト広告を貼りすぎている

記事内にアフィリエイト広告が沢山貼られている場合も、アドセンス審査に合格しづらくなります。

読者がアドセンス広告よりもアフィリエイト広告をクリックしてしまう可能性が高いとGoogle側が判断しちゃうから。

対策:アフィリエイト広告はほどほどに

あまり広告を貼っていないならそんなに気にする必要もないですが、審査を受ける際は記事からアフィリエイト広告を剥がしておくと良いと思います。

審査に無事に通ったら再び貼りなおせばOK。

ブログの信頼性に欠けている

「プロフィール」や「お問い合わせ」などを設置していないとブログ自体の信頼性が著しく低下するため、アドセンス審査に通りにくくなります。

Google側に信頼してもらえるよう配慮していく必要がある。

対策:「プライバシーポリシー」、「お問い合わせ」、「サイトマップ」、「プロフィール」を設置する

以下の4つを設置すると、ブログの信頼性が格段に上がり、アドセンス審査に通りやすくなります。

・プライバシーポリシー

・お問い合わせ

・サイトマップ

・プロフィール

「サイトマップ」があるとGoogle側がブログ内にどんな記事があるのかすぐに把握できるようになる。

1つに付き10分~15分くらいで設置できるので、時間があるときに調べながら設置しておくことをおすすめします。

審査のないor緩いASPに登録して広告をゲットするのもあり

今回の記事では、アドセンス審査に落ちる7つの原因とその対策について解説してきました。

ただ、もしまだASPに登録していないなら、アドセンスの審査を受ける前にASPに登録してアフィリエイト広告をゲットしつつ、商品などを紹介する記事を書いていくのもありだと思います。

記事がある程度貯まってからアドセンス審査を受けた方が合格しやすいことは先ほど説明した通り。

ASP:様々な企業から広告を集めているサイトで、複数存在する。

ブロガーはASPに登録することでそこで扱っている広告を自分のブログに貼れるようになる。

登録しておくべきASPは以下の5つです↓

ワードプレスブログを始めたら登録必須のASP5選

A8.net‥‥広告数業界No.1

もしもアフィリエイト‥‥初心者に優しい&アマゾンと提携しやすい

afb‥‥高単価の広告を多数扱っている

アクセストレード‥‥金融、美容、通信系に強い

バリューコマース‥‥独占&高単価の広告多数

登録後は案件を漁りつつ、使えそうな広告を選んで記事を書いていけばOKです。

というわけで、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

ブログで月収1万円達成!かかった記事数と日数は?初心者が稼げる3つのジャンルも紹介
本記事では、ブログ収益が月1万を達成するためにかかった記事数と日数、そして初心者が稼げる3つのジャンルを紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました